ハーレー カスタマイズの基本

夕日とハーレー

あれはオリジナルでも非常に高い性能が引き出せる大型バイクですが、自分で様々なパーツを組み合わせて取り付けることでオリジナルのバイクを作ることができると言うメリットもあります。ハーレーは様々なカスタムショップを認定しており、このショップで売られている様々な部品を取り付けることでドレスアップや性能アップ、乗りやすさの向上といった様々なメリットを追加することができるのです。

ハーレーカスタム

多くのカスタムショップでは様々なタイプの羽根に合わせたパーツを独自のコンセプトで開発し、販売しています。そのためハーレーのカスタマイズを行う際には、自分のイメージに合ったショップを探すことがカスタムの基本となります。

ハーレーパーツのことならこちら⇒ ハーレーパーツ通販のアンバーピース

多くのカスタムショップでは自らのコンセプトに沿ってハーレーの性能を高め外観をドレスアップするようなパーツを多数販売しています。そのためカスタムの初心者はまずは自分のコンセプトをしっかりと決め、そのコンセプトに合ったショップにカスタムの相談をすることが良い方法です。多くのショップでは複数の部品を組み合わせることでオリジナルよりもより高い性能を引き出せることも少なくありません。

ただしハーレーの特徴を熟知し、自らの個性をしっかりと表現できる人は様々なショップから自分の好きな部品を選んで組み合わせることも可能です。


ハーレーのカスタムパーツの構造

イーグルロゴ

ハーレーのカスタマイズは、専門のショップで行われることもあれば、一般のユーザーが自分で交換したりするほど、一般的に行われている行為です。

そのため、購入したらカスタマイズに挑戦したい人もいるでしょう。しかし、初めてカスタマイズに挑戦するときには、注意点がいくつもあります。特に注意しておきたいのは、ハーレーとパーツの構造です。

カスタマイズで使用するパーツは、ハーレーなら車種を問わず取り付けられるとは限りません。車種によっては取り付けられない可能性もあるので、購入前に確認をしなければいけません。また、構造だけでなく取り付けをした後には、安全性の確認も行う必要があります。

安全性の確認を怠ってしまうと、走行中に取り付けたパーツが外れたり壊れたりして、事故に繋がります。安全にハーレーを楽しむためにも、カスタマイズをするなら数多くの情報を集めて、繰り返しチェックをしながら行いましょう。もし初心者には難しいと思うなら、専門のショップに任せるのが一番です。専門のショップでは顧客の要望を聞き取り、カスタマイズの提案をしてくれます。安全性も確認してから引き渡してくれるので、安心して走りを楽しむことができるでしょう。


ハーレーのカスタムパーツの特徴

並んでるハーレー

ハーレーダビッドソンが製造するバイクの大きな魅力は、独特なエンジンが生み出す乗り味とカスタム性の高さにあります。

同社のバイクの多くには大型の空冷2気筒V型OHVエンジンが搭載されており力強いトルクと強烈な加速感が特徴です。OHVはオーバーヘッドバルブの略称でエンジンのバルブを駆動するシステムとしては古い方に属しますが、同社はOHVに強いこだわりを持っています。同社製のバイクが有する独特のスタイルはアメリカンと呼ばれ、日本でも人気があり国内の主要メーカーもアメリカンスタイルのバイクを製造しています。

ハーレーダビッドソンのバイクは高いカスタム性を有しており、様々な社外品のアフターパーツが存在します。

一方同社と国内メーカーのバイクには大きな違いが存在します。同社製のバイクに使用されるパーツはインチ単位のボルトが使用されるという特徴があります。そのためミリ単位を使用する国産バイクと同じ工具を使用して整備やカスタムを行うことができません。ハーレーダビッドソン製のバイクで整備やカスタムを行うためには、工具専門店でインチ単位の工具をそろえる必要があります。実際にカスタムパーツを取り付ける際には、効率的に作業をするためなるべく精度の高いインチ単位の工具を用意することが重要です。